スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
塾や予備校
受験するには予備校や塾に通ってないとダメという
雰囲気もどこかにあると思いますが、
実際に塾に行ってなくとも難関大に受かる人もいますね。

塾はもちろん勉強を教えてくれるところではありますが、
それと同時に油断をなくす・気を引き締める・危機感を持つという
効果が大きいと言われています。

塾に行けば必死で勉強している姿が目に入ってきますからね。

その他個人的に勉強する場所としても利用できるところも
役割が大きいですね。

しかし塾・予備校ですべてを補ってくれるわけでもありませんし、
自分で参考書を用意したり塾以外の勉強も必要であります。

それに現役高校生にとったら学校に行って
その後塾に行ってとなると復習をする時間がありませんし、
復習する時間を確保しながら苦手分野は塾でという風に
バランス良くとるのが大事ですね。

個人的に全体を見てみると進学校に通っている人は
あまり塾や予備校に通ってなかったりする場合が多いです。

どちらかと言えば浪人生活の時に利用する場合が
多いように見えます。

スポンサーサイト
[2008/11/30 23:48] | 塾・予備校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
受験生の部屋にする
受験にとって一番の誘惑はテレビやゲームでしょうか。

できるだけテレビはつけない方が良いですね。

受験の時だけ自分の部屋のテレビはスイッチが入らないように
しておくとか仕切りをつけて勉強する空間を作るとか
そんなことでも心理的にも環境的にも違うと思います。

テレビがあるとすることがある状態ですし、
テレビが見れなければやる事がなくてヒマで
勉強する・・・という風にもなりますしね。

親戚にも国立の理系大学に進学した人もいましたが、
自分の部屋にはテレビはありませんでした。

国立が良いというわけではありませんが、
センター試験がある分、勉強する時間は
それなりに費やさなければならなかったようです。

結果、テレビを見ていた時間というのはあまりなかったと思います。

もちろん全く見ないわけではなく見た時間はあると思いますが、
はやり人がいる前で受験生なのに何時間もテレビを見るのは
なんとなく見にくい雰囲気は漂いますしね。

勉強を習慣化するには徐々に雰囲気作りが大切だと思います。

勉強しているといつか焦りが出てくるかもしれませんが、
焦ると内容を整理できなくなり覚えも悪くなります。

焦らないためには時間を確保することが予防になりますね。

[2008/11/30 22:10] | 受験生の部屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
堀江貴文の勉強方法ホリエモン流
東京大学に現役で合格した堀江貴文ですが、
実は本格的に受験勉強にとりかかったのが
夏休みが終わった9月からなんだそうです。

国立で一番大変なのは教科、科目が多いセンターだと思います。
やはりそれなりに時間も必要ですしね。

本人はもし春から取り掛かっていれば文系ではなく
理系の学科に進んでいたとのことです。


堀江貴文は中学の頃から私立に通い、
進学校の高校に通ってはいましたが
勉強はそんなにやっていなかったそうです。

何年間も東大を目指して勉強していても
なかなか受からない人がいるということは
やはり集中力が大事ですね。

とくに後半の2学期(8、9月以降)がポイントになると思います。

4~夏休みあたりまでに一通りに目を通しておいて準備期間で、
そのあとはそれを復習しながら新しく知識を身に付けていく感じでしょうか。

[2008/11/30 22:02] | あの人の勉強方法 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
学校の授業を大事にしよう
学校の授業では受験とは内容が
違うと言われる場合も多いですが、
授業の時間と言うのは大事だと思います。

選択教科でない場合であったり、
授業さえやってれば受かると言うものでもありませんが、
授業は大事にしたいところですね。

授業を受けながら教科書を読むとか、
単語を覚えるとかいろいろな活用があると思います。

進学校の場合は受験対策用の勉強をするとは
思いますが、進学校というわけでもないという場合は
自分で単語などちょっとしたものをメモに書いておいて、
それをチェックするなどすると言いと思います。

選択する科目の授業時などにはできると思います。

[2008/11/30 19:56] | 学校の授業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界史の覚えるコツ
世界史や日本史と言うのは興味がないとなかなか
覚えにくい教科だと思います。


パターン①歴史の中で気になる人物を勉強する

まず最初は気になる歴史上の人物を調べていくと
歴史の慣れにもなりますし、その事に関連のある
出来事・人と広めていけば歴史の吸収も上がっていく
場合があります。


パターン②気になる出来事を勉強する

歴史の中には大きな事件・出来事がありますが、
そこを覚えて同じくその前後の時代背景を関連付けていく
という方法もあります。


パターン③好きな国を覚えていく

自分の旅行したい国や雰囲気が好きな国が
あると思いますがその国の出来事を拾い集めていき、
それと同じj要領で国ごとにまとめていくと覚えやすくのあります。


パターン④好きな時代を覚える

歴史にはそれぞれの時代背景がありますが、
気になる時代から覚えて行くのも良いかと思います。


歴史はある程度興味が持てないと覚えにくいですからね。
何でもいいので興味を持つとはかどると思います。

[2008/11/30 11:33] | 世界史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
世界史を覚えるコツ
受験生で世界史を選ぶ人はけっこう多いと思います。
日本史に比べると世界史は量は少なめですし
世界史の方が簡単という大学も多いかと思います。

世界史は人物との関係、国との関係を整理しておくことが
ポイントですね。

誰がいつどこで何をして+いろいろ と
そういうことを把握してないとなかなか内容がつかめないと思います。

あと歴史上で地名、国名が次々と変わっていくので
昔の地名はどこだったか、今の国で言えばどこで
地図上で言えばどのあたりかも知っておいた方がよいですね。

偏差値の高い大学、平均的な大学でも
基本的には教科書と言われています。

中には教科書に載ってないモノも出るとは言われますが、
他の人もそう正解はしてないと思います。

基本をやってその上で知識を重ねていくと良いでしょうね。

[2008/11/29 23:54] | 世界史 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
読書が大切
勉強する上で大事なのはやっぱり読書ですね。

本を読むと誰がいつどこで何をして・・・とそこに着目するようになります。

論述系であれば何が言いたいのかを探ろうとするようになります。

字に慣れて読むことに慣れると教科書を読む=勉強も吸収が良くなります。

[2008/11/29 21:42] | 読書が大切 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
暗記してもいつかは忘れる
暗記しても寝ると次の日には忘れますね。

繰り返しが大事です。できれば3回以上が理想ですね。

[2008/11/29 21:15] | 勉強 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。