スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
無理な睡眠時間になると脳の機能が低下
受験生によっては睡眠時間もバラバラですが
無理をしすぎると暗記力も思考力も落ちたまま
1日をすごすことになるので気をつけましょう。

睡眠と脳は深い関係があり睡眠が減ると精神的にも
影響がある場合もあるのでどれほどの睡眠なら大丈夫か
自分の範囲内でやっていくことが大切ですね。

ページを設定してそれをこなしていく方法やら、
時間を設定して勉強していく方法などがありますね。

時間を設定してもダラダラやってしまう場合があったり、
ページや範囲で設定しても短くしてしまったり理解することなく
先に進んでしまう場合もあります。

毎日同じというのは飽きが来る場合もあるので
交互にやるとか新鮮さが必要ですね。

スポンサーサイト
[2008/12/17 19:17] | 受験その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
参考書や教科書を最後まで仕上げる
いろいろ人の話を聞いているとこっちの方の参考書がいいかも
などという気持ちが出てきますが個人的には使っている参考書を
まずは仕上げる事が大事だと思っています。

どの参考書もある程度同じですし反対に言えば
たくさんの学校があるのでこれがすべて補えるというものも
そうはないと思います。

テキストをまた最初から覚えると言うのは大変ですので、
ひとつのテキストを終えてから違うテキストで覚えてないものを
覚えるようにするなどした方がいいですね。

もちろんそれぞれ分野はあるので長文・単語・文法と
補っていく必要はありますが。



[2008/12/14 09:05] | 受験その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
暗記が苦手な時の対策方法
受験にはどれだけ知識を吸収できているかが問われますが、
暗記が得意とあまり得意でない差が大きくでますね。

暗記のコツは忘れそうな時期にまたその部分を見て
記憶を呼び起こすことなんだそうです。

それを何回かやれば効率よく覚えられるんだそうです。

その他にもまず最初に重要なところを覚えていって基本を付け、
その後にその周りを埋めていくように付け加えていく方法などもあります。


■ゴロで覚える

中にはなかなか覚えられない単語があったりします。
そういう時はなんでもいいので自分でゴロを作って
覚えるとうる覚えがあまりなくはっきりと覚えられている場合が
多いです。

どっちだったっけ?という時などにも案外役立ちます。



暗記は覚えているようでいて覚えてなかったりするものでもあります。

10個の単語を5分で覚えるなど時間を設定してやってみると、
どういう方法が覚えやすくて・・・などのコツがつかめたりします。

[2008/12/13 20:57] | 暗記のコツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
1、2年のうちにできること
受験勉強というのは多くの人が3年生から始めるようです。

1,2年は基本を付ける期間だったり、一通り読んでみる時期で
あったりはしますね。

中には1年生の頃から受験対策の勉強に取り組む人もいるようです。

そこで1,2年にやれることと言えば授業にあまり関係なくできる
暗記物です。

例えば英単語とか熟語とか古文の単語とかあたりですね。

どの学部でも英語は必須教科ですしやってみて使わなかったということは
ほぼありません。

文系であれば古文の単語などもできますね。

選択教科はどれを取るかは大学によって分かれるでしょうから、
進学希望校が決まってからでいいと思います。

あと早いうちに赤本などを買ってだいたいどんな勉強すれば
解けるようになってどんな形の出題かを見ておくと良いと思います。

どうせ授業を受けるなら意味のあるものにしたいですしね。

目標ができいればポイントを当てながら覚えていけると思います。

[2008/12/13 16:48] | 受験その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
授業が大事なのは朝だから
授業は受験対策でもないから重視しないという人もいますが、
頭の働きが良い朝は集中的に勉強に取り組みたいところですね。

人の脳は夜よりも朝の方が活性化されていて、
暗記力も上がり集中力もある時間帯と言われています。

朝というよりは目覚めた後というのは脳の働きが良い時期ですね。

あと朝の食事というのは集中力を左右しますし、
ちゃんと食べた方が集中力も上がるのでできるだけ
食べた方がよいと思います。

朝ごはんを食べる子供と食べない子供のテストの結果では
20点近くの開きがあったそうです。

もちろん朝ごはんだけが原因ではないとは思いますが、
食べるに越したことはないですしね。

[2008/12/13 11:41] | 学校の授業 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
古文の学習
古文はやはり単語が分からないことには物語りも
読めませんね。

単語と前の活用形によって意味が変わってくる単語と、
あと主語が誰なのかそれらがポイントになると思います。

そのほかにも位によって意味が変わってきたりもしますし、
そういう役職的な意味も覚えておいた方がいいですね。

あと時代背景を知るにはマンガが効果的とも言われています。

マンガだけで補えるわけではありませんが、飲み込みがよくなったり
抵抗感がなくなったりする場合も多いです。

[2008/12/11 01:29] | 古文 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
国語の勉強のコツ
国語には傍線部分の前後にヒントがあって、
そこをどうのとは言われていますがまずは何が
書かれているか把握することが大事と言えそうです。

国語の問題は著書の一部を抜き出して出題されますが、
本というのははやり読み手にとってスゴイ!と思わせるような
書き方になっていますし、そのためには難しい言葉を使って、
文章も長くなったり例えば・・とか言い代えれば・・などいろいろ
文章が足されているものです。

結局は何が書いてあるのか、文中の言葉は使うにしても
自分で何が書かれているか簡単に短くまとめて把握できる
力を付けて置いた方がいいと思います。

あと日本人でありながらも難しい単語というのは意外と
知らないものが多かったりしますので辞書などで調べて
理解力を上げていた方が良いのではないかと思います。

1000文字~2000文字の文章を読んで
だいたい書いてあることがわかるくらいまで読み返して
それを続けていくと力も付いていきます。

身近で役立つものは新聞などですね。
そのほかにも論述的な本などを読むなどもいいと思います。

そういう理解がでてくれば質問も何を問いたいのか、
文章のどれがその答えなのかが分かってきます。

答えが出ればあとはその文章を質問の答えになるように
少し修正していくだけですね。


国語の読解テキストなどがありますが、
国語の場合には何回も読んでその後に答えを見た方が
力になるように思います。

[2008/12/10 22:15] | 国語 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
受験生は睡眠時間が4~5時間?
受験生の勉強ですが、睡眠時間は確保しておいた方がいいと
言われていますが一体睡眠時間はどれくらい??でしょう。

現役で東京大学に合格した人は睡眠時間が4時間だったそうです。

普段の睡眠の半分ほどではありますね。
やはり努力をする=時間もそれなりにつぎ込むという
ことかもしれませんね。

東大ではありませんが、中には寝ずに朝まで勉強して
それから学校へ行くという人も中にはいました。

寝ないとなると授業では頭に入ってこないか、
それとも寝なくても大丈夫な体質であったのかの
どちらかと言えそうですね。

人の中には2日ほど寝なくても大丈夫という人もいますが、
最低でも3時間は睡眠はとった方が良いと思います。

東京大学の学生は一日の勉強時間は15時間~20時間近くということですかな。

東大は合格者が少ない上、センター試験など科目も多いので
その分も勉強量が多くなっているのかもしれません。

[2008/12/10 21:12] | 受験その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日本史、世界史、地理は短期間で
それぞれ勉強によって勉強方法も違いますが、
英語・国語は長期間で、
世界史・日本史・地理は短期間でやれると言われていますね。

世界史であれば夏休み、冬休みなどの休みのうちに、
土日のうちにやれば思った以上に早く終わりますね。
(目安としてですが)

反対に英語は覚える範囲も量も広いので
短期間には向いてないとも言われています。

しかし英単語であれば集中して覚えていけば、
短時間で終わらせることもできますね。

時間がかかるところと言えば長文など
習慣的に身に付ける部分だと思います。

文章を短く要訳してみたり、早く読む習慣を身に付けたり。


国語も読み方を習慣付ける部分がありますね。

国語もある程度文章の重要な部分だけを拾い取っていくとか、
習慣=長期間がある程度必要だと思います。

一日に短い文でもいいので読んで短くまとめてみて、
文章を把握する力を付けるとか、
毎日英文を読んでまとめるとか、
速さを意識するとかそういうのも大事だと思います。

[2008/12/01 01:27] | 教科ごとの計画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
塾や予備校
受験するには予備校や塾に通ってないとダメという
雰囲気もどこかにあると思いますが、
実際に塾に行ってなくとも難関大に受かる人もいますね。

塾はもちろん勉強を教えてくれるところではありますが、
それと同時に油断をなくす・気を引き締める・危機感を持つという
効果が大きいと言われています。

塾に行けば必死で勉強している姿が目に入ってきますからね。

その他個人的に勉強する場所としても利用できるところも
役割が大きいですね。

しかし塾・予備校ですべてを補ってくれるわけでもありませんし、
自分で参考書を用意したり塾以外の勉強も必要であります。

それに現役高校生にとったら学校に行って
その後塾に行ってとなると復習をする時間がありませんし、
復習する時間を確保しながら苦手分野は塾でという風に
バランス良くとるのが大事ですね。

個人的に全体を見てみると進学校に通っている人は
あまり塾や予備校に通ってなかったりする場合が多いです。

どちらかと言えば浪人生活の時に利用する場合が
多いように見えます。

[2008/11/30 23:48] | 塾・予備校 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。